羽子板、破魔弓、ひな人形、五月人形なら人形会館各店へ




山陽美工株式会社
パンフレットサイト

【携帯サイトはこちらから】
携帯サイト
URL:http://sanbi.ocnk.net/

ホーム節句についてのQ&A


昔から季節の節目を、節(せき)日(にち)といい、その日にご馳走をお供えしました。
節日のお供えのことを御節句と言っていましたので、節日のことをそのまま節句と呼ぶようになりました。
また、中国では奇数が「陽」で縁起のよい数字とされ、その考え方が日本にも伝わり、奇数月で同じ数字の重なる日が節目の日「節句」となりました。

1月7日   人日(じんじつ)の節句【七草粥】
○旧暦正月7日のことで、中国の古い習慣にならい7日の人の日には邪気を祓うために、七草の入った粥を食べ一年の無事を祈ることが始まりとされています。

3月3日   上巳(じょうし)の節句 【桃の節句、ひな祭り】
○桃の節句 春の訪れを告げる桃の花を供えることから桃の節句と呼ばれます。
○平安時代貴族の間では、三月初めの巳(み)の日に生まれた子供が元気に育ちますようにと願いを込めて作った紙の人形(紙びな)で子供の体をなでてその紙びなに災いを移し、それを川や海に流しお祓いをしていました。
同じころ貴族の幼い姫たちのお人形遊び(ひいな遊び)とが結び付き生まれたのがひな祭りです。

5月5日   端午(たんご)の節句【こどもの日】
○端午(たんご)とは、月の初めの午(うま)の日という意味の言葉です。
午と五が同じ音なのでいつの間にか5日を表すようになり、さらに5月5日を指すようになりました。
○5月5日は「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。
また、「菖蒲」を「尚武〔しょうぶ〕」という言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の誕生と成長を祝う節句となりました。

7月7日   七夕(しちせき)の節句【七夕(たなばた)祭り】
○旧暦野7月7日 奈良時代に中国から入ってきた星まつりの伝説が起源の節句です。

9月9日   重陽(ちょうよう)の節句
○旧暦9月9日  古代中国では菊は、邪気を祓い長生きする効能があると信じられていました。
この風習が平安時代に日本に伝わり、邪気を払い長寿を願い菊花を飾って祝う宮中行事として定着したのが始まりです。


A2. 一般的には、母方の実家から贈られる習慣の地域が多いようです。
(昔は嫁入り道具の1つとしてひな人形を婚家へ贈ったという意味もあったためです。)
孫が女の子なら母方、男なら父方となっている地域もあるようです。
地域によって習慣も違うので必ずといった物ではありません。
両家で話し合って折半されたり、実家からではなく両親が我が子のために購入されたりするケースもあります。

いずれにしろ、節句物は、この世に生を受けたお子様の健やかな成長を願うお祝い事のシンボルと言えます。


A3.子供が生まれて最初に迎えるお正月を初正月といいます。初めて、家族と一緒にお正月を迎えるにあたり、子供の健やかな成長を願う親の思いを形にしてお祝いします。
女の子には、優しく、美しく、幸せになるように願いを込めて羽子板を、男の子には、雄々しく、力強く、健やかに育つように願いを込めて破魔弓を贈ります。

○ 羽子板は、古くは「胡鬼板(こぎいた)」とも呼ばれ、宮中で飾り物として用いられた羽子板は、正月の儀式で魔を払う行事である左義長を描き、金銀箔を使用した豪華なものでした。羽子板の羽根が飛ぶさまがトンボに似ていることから、子供が虫に食われぬまじないといわれ、豪華で美しい羽子板は、女の子の誕生を祝い、健やかな成長を願う初正月の贈り物になりました。

○ 破魔弓は、元来魔除け、お正月の神占、年占という意味で、鎌倉、室町時代になると、弓矢が男児の誕生の初正月に贈り物として喜ばれるようになりました。朝廷では皇子誕生の際、魔除けとして鳴弦の儀に使用されたといわれます。やがてこの行事は一般庶民に広がり、男児の健やかな成長を願う縁起物として破魔弓が贈られるようになりました


A4.破魔弓や羽子板はお子様の健やかな成長を願う気持ちを形にしたものです。一年を通じてお飾りいただいても差し支えありません。

但しお住まいの間取り等の都合で一年を通じてお飾りいただくのが難しい場合は他のお正月飾と同じ時期に飾ります。その場合は12月初旬ごろから飾りはじめ遅くとも30日までには飾り(31日も一夜飾りになるので避けたほうがよいとされます)、小正月(14~16日)まで飾ります。お正月だけでなく、桃の節句や端午の節句にも本飾り(鎧兜やお雛様)と一緒に飾るとよりお祝いが華やかになるでしょう。また、29日など9のつく日は、「苦」につながることから避けたほうがよいとされています。

お片づけの際にはお天気のよい乾燥した日に埃をはらい、防虫剤を入れ湿気の少ない場所に保管してください。


A5.ひな祭りは、地方によって旧暦で行うところもありますが、ほとんどは、3月3日に行われます。
おひな様を飾る時期は、春の到来を告げるといわれている、節分後の吉日に飾り付けるとよいでしょう。一夜飾りは何事につけても嫌われますので、遅くとも一週間前には飾り付けをしましょう。 しまう時期は、ひな祭りが終わった後、なるべく早くとされていますが、天気がよく、空気が乾いている日を選んでおしまいください。天気の悪い日は湿気を含んでおり、カビや虫食いの原因になります。


A6.特に根拠のない迷信です。気にする必要はありません。それより長い年月飾っていただけるよう、しまい方が重要です。


A7.端午の節句は、地方によって旧暦で行うところもありますが、ほとんどは5月5日に行われます。
五月人形、鯉のぼりを飾る時期は、ひな祭りの後の吉日に飾り付けるとよいでしょう。一夜飾りは何事につけても嫌われますので、遅くとも一週間前には飾り付けをしましょう。しまう時期は、端午の節句が終わった後、五月中旬頃の天気がよく、空気が乾いている日を選んでおしまいください。天気の悪い日は、湿気を含んでおり、カビやサビの原因になります。
〈しまい方ワンポイントアドバイス〉
しまう前に、毛ばたきなどでホコリを丁寧に払い落として下さい。飾り金具や鍬形など、金属部分は手の脂や汗に弱いので、乾いた柔らかい布で丁寧にふき取ってください。


A8.商品の不良ではありません。この穴は天辺(てへん)といって、兜をかぶった時に頭が蒸れないようにわざとあけてあるのです。いわば、兜の換気口というわけです。その穴の周りを縁どっている金銅の葵葉形の座と菊座玉縁を施してある金具のことを「八幡座(はちまんざ)」と言います。八幡座は神の住む神聖な場所と言われ、天辺の穴に指を入れることは固く禁じられていたそうです。


A9. お節句のお飾りはそれ自体が厄災よけのシンボルであり、すべての方位からの厄災から守ってくれるお飾りです。
ですから飾る際に神経質になって方位を気にする必要はありません。